アイソメトリック運動ナビ - 基礎知識と特徴とは?TOP > 特徴についてA > 一箇所に負荷をかけられる

一箇所に負荷をかけられる

 

あなたは今、トレーニングをしていますか?

 

どのようなトレーニングを行う際にも、注意しておかなくてはならないことがありますよね。

それは怪我ですね。

 

トレーニングを行う時、怪我をするリスクは常についてきます。

 

例えば、軽いジョギングを行なっている場合でもそれは例外ではないですよね。

 

転んだり、肉離れを起こしたり、息切れによって意識が遠のいたりすることも考えられます。

 

また、足をくじいたり、石につまずいて転倒するリスクもあると思います。

 

そして、身体を動かして筋肉に負荷をかけるトレーニングは、少なからず身体に負担がかかりますよね。

 

それが原因で負傷したりすることもあるし、体調不良を引き起こしたりすることもあります。

 

しかし、これは仕方のないことですよね。

 

比較的安全なアイソメトリックトレーニングでも例外ではないので注意が必要です。

 

無理な運動は行わないトレーニングではありますが、肉離れなどの心配はないものの、アイソメトリックトレーニングならではのリスクがあることを知っておいて下さい。

 

それは「負荷の一極集中」です。

 

アイソメトリックトレーニングを行う時、集中的にその箇所に負荷がかかるんです。

 

関節を稼動させて身体を動かすトレーニングの際には、負荷がかかる箇所がある程度分散されています。

 

それが、全身疲労の原因にも繋がっています。

 

ですが、その一方で負担を小分けできるということになります。

 

それに対してアイソメトリックトレーニングの場合は、稼動区域がありません。

 

一箇所に負荷をかけるようになるので、その部分がかなり消耗することになります。

 

そのため、アイソメトリックは部位トレーニングとしての成果を上げることに繋がりますが、負荷をかけすぎると痛めてしまう要因にもなってしまうので注意しましょう。

 

ここまで見てきてお分かりだと思いますが、メリットとデメリットは表裏一体ということが言えますね。

 

よって、過度にならないように注意することが大切ですね。

 

特徴についてA記事一覧

疲労を最小限に抑えられる

日常生活の中でトレーニングを行う人は、結構いるのではないでしょうか。そんな人が、どうしても避けたいことがあります。それは「疲労を引きずる」ということです。例...

部位トレにオススメ

アイソメトリックトレーニングとは、筋肉を収縮させずに静止させた状態で鍛えるトレーニング方法になります。一つの箇所、一つの部位の筋肉を鍛えるという観点で言えば、かなり有効な方...

ダイエット効果がある

あなたは、ダイエットをしたことがありますか?ダイエットの際にどうしても苦労することがあります。それは、あまり脂肪を落とせない箇所があるということです。それを...

持久力より筋力アップに繋がる

現在では色々なトレーニングがありますが、それには様々な用途もあるし目的もありますよね。そして、その用途を「成果」で分けるとした場合、いくつかのトレーニングに分かれていきます...

一箇所に負荷をかけられる

あなたは今、トレーニングをしていますか?どのようなトレーニングを行う際にも、注意しておかなくてはならないことがありますよね。それは怪我ですね。トレーニングを...