アイソメトリック運動ナビ - 基礎知識と特徴とは?TOP > 効果的な方法@ > 大胸筋について

大胸筋について

 

人間の身体を支える筋肉については、日頃スポーツなどをしていない人は、その恩恵をあまり感じていないのではないでしょうか。

 

特に、胸の筋肉に関してはそのように思います。

腕の筋肉としては、何か重い物を持った場合にその強弱がハッキリと分かりますよね。

 

持ち上げる時には背筋がものを言いますよね。

 

そのように感じると思います。

 

朝起きた時に身体を起こす場合には腹筋を動かします。

 

歩いたり走ったりする時には、下半身全般の筋肉を使いますよね。

 

これは当然ですね。

 

それに対して、胸の筋肉についてはなかなか使っていることが実感できないと思います。

 

しかし、この筋肉は腕を外側に引っ張る時や、何かを押す時に使用すると感じる筋肉だと思います。

 

なので、意外と使用する機会がある筋肉とも言えますね。

 

さて、胸の筋肉の代表的なものが大胸筋になります。

 

そして、その大胸筋を鍛えるためのアイソメトリックトレーニングがあるんですが、何か分かりますか?

 

それは簡単なトレーニングです。

 

ただの壁押しです。

 

その他にもありますよ。

 

壁などの動いていないものを押すことで、胸の筋肉が動くことなく負荷だけをかけて鍛えられるんです。

 

<大胸筋を鍛える方法>
壁など動いていないものを押す以外にも、手を使った簡単なトレーニング法があります。

 

知っていますか?

 

それは、両方の手を胸の前で合わせて、両肘を左右に開いた状態で両手を同時に押すという方法です。

 

このとき、左右両方に均等に力を入れることで力は拮抗します。

 

どちらにも動かない状態で、力が入ったまま持続するということですね。

 

これを継続します。

 

すると、胸の筋肉が鍛えられることに繋がります。

 

この胸の筋肉に対してのアイソメトリックトレーニングはどこでも出来ます。

 

場所も時間も選ばずに行えるところが良いですね。

 

なので、空いた時間を利用して試してみることをお勧めしますよ。

 

効果的な方法@記事一覧

基礎について

アイソメトリックトレーニングでの基本的な約束事として、筋肉を収縮させない、動かさないということを行ないます。そのため、腕立て伏せや腹筋、背筋、スクワットといったノーマルな筋...

大胸筋について

人間の身体を支える筋肉については、日頃スポーツなどをしていない人は、その恩恵をあまり感じていないのではないでしょうか。特に、胸の筋肉に関してはそのように思います。腕...

後背筋について

背筋を鍛えるためには、身体をうつ伏せにします。そこから顔を中心とした上体を上に反るという運動、これが一般的ですね。いわゆる「背筋」というトレーニングです。こ...

上腕二頭筋・上腕三頭筋について

腕の筋肉は、普段から結構使う筋肉ですよね。しかし、使う部位と使わない部位がハッキリと別れている筋肉でもあります。例えば、重いものを持った時に最も負荷がかかるのは前腕...

首・顔について

上半身の筋肉は、主に胸、腹、背中、肩、腕といった箇所の筋肉を指しますが、これ以外にも上半身の中で筋肉を有した部位が存在します。それは、首や顔になります。そんな所を鍛...

肩・三角筋について

あなたは今、トレーニングをしていますか?筋トレを行なう中で、肩の筋肉が意外と鍛えることが難しかったりしますよね。そう思いませんか?それは何故かと言うと、通常...