アイソメトリック運動ナビ - 基礎知識と特徴とは?TOP > 効果的な方法A > ふくらはぎについて

ふくらはぎについて

 

ふくらはぎは柔らかい感じがするので、筋肉もやわらかいという印象が強いですよね。

 

しかし、実際に鍛えている人のふくらはぎは、かなり硬くなっているという事を知っていますか?

逆に、それくらい鍛えることのできる箇所とも言えますね。

 

ふくらはぎは、脚の中でも中心的な役割を果たしているとも言える箇所なんです。

 

身体全体の体重がかかるために常に負荷がかかっているので、怪我をしやすい箇所でもあると言われています。

 

このように、非常に重要なパーツなんですね。

 

このようなパーツは、老後の歩行に支障をきたさないように、怪我をしないように守る為には、日頃からある程度鍛えておく必要がありますね。

 

さて、このふくらはぎはランニングなどでも十分鍛えられるという事をご存知ですか?

 

これはトレーニング目的ではないですが、一日の中で十分な時間歩行をすることで、ある一定の筋力は確保できますね。

 

ですが、それができないのが高齢者です。

 

だからと言って、家の中で鍛えておかないと寝たきりになりかねませんよね。

 

そこで、高齢者でも出来るふくらはぎのアイソメトリックトレーニングがあります。

 

この運動は、高齢者の方が行うことを想定した運動とも言えます。

 

主に2つ、ふくらはぎを鍛えるアイソメトリックトレーニングがあります。

 

まず一つは、椅子に座って足元に台になる物を置きます。

 

それを踏むといったトレーニングです。

 

その際、かかとは床につけます。

 

足裏の上部を台にかけるようにして、70%ほどの力で台を踏むことをイメージしながら力を加えます。

 

これだけで良いので簡単ですね。

 

たったこれだけでふくらはぎに負荷がかかるので、あとはこの状態を10秒程キープするだけになります。

 

この運動を数セット行いましょう。

 

筋力維持に繋がりますよ。

 

2つ目の方法は、タオルを使用します。

 

まず、膝を伸ばして床に座って下さい。

 

タオルを足の裏に引っ掛けて、その両端を手に持って伸ばします。

 

その状態でふくらはぎに力を入れて静止します。

 

これでも十分な効果が期待できますよ。

 

効果的な方法A記事一覧

腹筋について

腹筋のトレーニングといっても、色々なやり方がありますよね。ほとんどの人は、やはり通常は腹筋運動をして鍛えているのではないでしょうか。例えば、身体を仰向けにして両膝を...

太腿について

太腿を鍛える運動で有名な方法は、スクワットですよね。しかし、一時期このスクワットは身体に良くないと言われていました。その方法は、その場で膝を大きく曲げて身体を沈ませ...

ふくらはぎについて

ふくらはぎは柔らかい感じがするので、筋肉もやわらかいという印象が強いですよね。しかし、実際に鍛えている人のふくらはぎは、かなり硬くなっているという事を知っていますか? ...

脚について

下半身のアイソメトリックトレーニングと言うと、そのほとんどは脚に集中します。この脚の役割は言うまでもなく、歩行ですよね。普段の生活にはかかせない運動です。特...

飽きない方法とは?

アイソメトリックトレーニングは、ポジティブな要素が多いですよね。私もお勧めするトレーニングになります。その他のトレーニングと比較した場合、それらが必ずしもメリットば...