アイソメトリック運動ナビ - 基礎知識と特徴とは?TOP > 効果的な方法A > 脚について

脚について

 

下半身のアイソメトリックトレーニングと言うと、そのほとんどは脚に集中します。

 

この脚の役割は言うまでもなく、歩行ですよね。

普段の生活にはかかせない運動です。

 

特に高齢者の場合は、この歩行がままならなくなってくると、一気に老け込んでしまいますよね。

 

寝たきりになる高齢者も多くなるので、たとえ少しであっても歩行が困難になると生活もままならなくなってきます。

 

このような未来を回避するためにも、脚の筋肉は一定以上をキープしておくことを心掛けましょう。

 

そんな中ランニングはもとより、散歩すら難しい人もいるのではないでしょうか。

 

時間的な余裕がない人は完全に無理な話ですよね。

 

そういった人が有効に利用したいのが、アイソメトリックトレーニングです。

 

これはお勧めですよ。

 

アイソメトリックトレーニングでも、脚に集中したトレーニングになります。

 

普通ではふくらはぎや太腿を集中的に鍛えるメニューが目立ちますが、高齢になっても問題なく歩行が出来ることを目的とするなら、脚全体をバランスよく鍛えるのが合理的ですね。

 

そこで、こちらではその方法をご紹介します。

 

まず、両足首にタオルなどの柔らかいものを挟んで交差させます。

 

それから、少し膝を曲げた状態で挟んだものを落とさないように力を入れて下さい。

 

その状態で10秒静止します。

 

たったこれだけのメニューです。

 

この運動はほとんど筋力を使いませんが、それでいて効果的なんですよ。

 

膝を曲げる際にあまり無理がきかない場合には、少し浅めに曲げてみましょう。

 

それでも問題ありませんよ。

 

椅子には座らずに、床に座って行うようにすると良いですね。

 

このトレーニングは、太腿やふくらはぎだけでなく、足首まで鍛えることができるので、歩行する上で必要な筋肉の維持には最適なトレーニングになります。

 

何か他のことをしながらでも行える運動でもあるので、毎日の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

効果的な方法A記事一覧

腹筋について

腹筋のトレーニングといっても、色々なやり方がありますよね。ほとんどの人は、やはり通常は腹筋運動をして鍛えているのではないでしょうか。例えば、身体を仰向けにして両膝を...

太腿について

太腿を鍛える運動で有名な方法は、スクワットですよね。しかし、一時期このスクワットは身体に良くないと言われていました。その方法は、その場で膝を大きく曲げて身体を沈ませ...

ふくらはぎについて

ふくらはぎは柔らかい感じがするので、筋肉もやわらかいという印象が強いですよね。しかし、実際に鍛えている人のふくらはぎは、かなり硬くなっているという事を知っていますか? ...

脚について

下半身のアイソメトリックトレーニングと言うと、そのほとんどは脚に集中します。この脚の役割は言うまでもなく、歩行ですよね。普段の生活にはかかせない運動です。特...

飽きない方法とは?

アイソメトリックトレーニングは、ポジティブな要素が多いですよね。私もお勧めするトレーニングになります。その他のトレーニングと比較した場合、それらが必ずしもメリットば...